真鶴の海を伝える海中写真を募集します。

Discover Blueの主な活動拠点となっている真鶴町は、相模湾に突き出た小さな半島にあり、ぐるりと海に囲まれた”海の町”。また、ダイビングスポットとしても人気があり、多くのダイバーが海中世界を楽しんでいます。
町立遠藤貝類博物館ではその魅力を広く発信するため、海の写真を募集します。
昨年もご協力をお願いし、真鶴の海を愛するダイバーのみなさんの力をお借りして、約3000人の来館者に真鶴の海をお届けすることができました。
あなたのお気に入りの一枚を、海を伝える社会教育に使わせていただけませんか?
皆様の写真が、博物館での展示や教育普及活動を通じて、海、そしてダイビングの入り口となり、海の保全に繋がることを目指します。

 

 

 

ダイバーのみなさんへ

真鶴半島のダイビングポイント(岩、琴ケ浜、福浦など)で撮影した海中写真を ご提供ください。写真は、博物館内での展示や博物館の教育普及活動で利用させていただきます。 応募者につき必ず一枚は博物館に展示させていただきます。

 

 

 

 

写真の応募方法および展示について

写真の募集要項や応募方法については、真鶴町立遠藤貝類博物館のホームページにてご覧いただけます。

 

 

 

協力いただいている真鶴半島のダイビング事業者・団体

岩ダイビングセンター、琴ヶ浜ダイビングセンター、スキューバプロ真鶴、ダイビングショップ海家、福浦ダイビングサービス、ブルーアース21都立大、東京フリーダイビング倶楽部

 

 

 

ページTOPへ

 

Copyright(c) Discover Blue All Right Reserved.